類人猿診断がびっくりするぐらいに当たってた

Pocket

ある日のことですが、シェアメイトに質問されたんですよね。

 

Yちゃん
ひろきは、感情を表に出す方?

※シェアハウスでは下の名前で呼ばれています。

ひろき
んー、出さへん方かなー。
Yちゃん

じゃー、ひろきが望むのは、

・物事を追求し、成果を上げること?
・安心、安定を求めること?

ひろき
物事を追求し、成果を上げることかな。
Yちゃん
ひろきは、オラウータンだね。
ひろき
お、おぅ。

てか、これなんなん?

Yちゃん
類人猿診断ってやつなんだけど、これ凄いね。
Sくん
ほうほう、オラウータンということは、

・自分が納得する事を重要視
・論理的だが理屈っぽい
・じっくり考えてから行動
・職人気質
・効率的でマイペースに動く

まさにお前やん(笑)

ひろき
確かに当たっとるな(笑)

 

類人猿診断

調べてみると、広島に拠点を置くエブリイというスーパーで人事や採用で使われている性格診断らしく、そのお陰もあって売上も好調とのこと。

しかも、この診断は前述の通り2つの質問だけで人のタイプがわかります。

 

①あなたは自分の感情を・・・

A.表に出さない

B.表に出す

 

②あなたが大切にしていることは・・・

a.物事を追求したり、成果を上げること

b.安心・安定を維持すること

 

回答の組み合わせで、以下の4種の類人猿に分類されます。

A-a:オラウータン

A-b:ゴリラ

B-a:チンパンジー

B-b:ボノボ

 

それぞれどのようなタイプなのかエブリイのHPに記載されている内容をまとめてみました。

 

オラウータン

職人気質のこだわり屋さん

 

最大の特徴は個人主義です。類人猿の中で唯一単独行動をしています。他者とのコミュニケーションはあまり得意とはいえず、自分の意見を曲げることが嫌いです。

他人に求めるほとんど唯一のものが「余地」です。他人との適切な距離感が保たれることを望みます。他人が「自分の世界」「自分の時間」を乱してくることを嫌います。

大切なものは「納得」です。できるだけ客観的な情報をたくさん集め、自分の頭で考え、納得した上で行動します。時には「頭で考えすぎて行動に移るのが遅い」という傾向に陥ることもあります。

 

これらの特徴から、得意な仕事は数字分析・戦略立案で、苦手な仕事はチーム作りといえます。

 

ゴリラ

平和主義の安定志向

 

朝起きてから寝るまで、変わらぬ日常を淡々と繰り返していきたいというのがゴリラタイプの根底にある願いです。イレギュラーな事故やトラブルで日常が壊れてしまうと動揺する臆病な一面があります。

自分の所属する集団の秩序と調和を何よりも大切にします。自己主張するよりも周りの意見や行動に合わせることを優先します。周囲からは「自分の意見がない」と見られることもしばしばあります。

家族や会社などのグループ内でも年長者を立て、心から敬って接することが出来る一方で、自分や仲間に対して敬意を欠いた態度を取る人に対しては怒りを覚えることもあります。

 

これらの特徴から、得意な仕事はチームの調整役・計画立案で、苦手な仕事はリーダー・新規開拓といえます。

 

チンパンジー

勝ち負け重視の積極屋

 

恋愛でも仕事でも、とにかく情熱的で積極的に行動します。感情的でやや怒りっぽい面も持っていますが、ケンカをしても関係性を修復にはかる豊かなコミュニケーション力を持っています。周りの人を巻き込む社交性を活かし、スピード感を持ってぐいぐい前に進めることが得意です。

もっとも嬉しいことは「褒められる」ことです。仕事はもちろんのこと、飲み会やサークルなどあらゆる場面で目立ち周囲から称賛を得ることが大好きです

自分以外の全ての他人をライバルだと捉える傾向にあります。組織内での地位や上司の命令にも敏感で、上昇志向が強いのもこのタイプです

 

これらの特徴から、得意な仕事は新規出店・企画リーダーで、苦手な仕事は単純作業といえます。

 

ボノボ

感情豊かな話好き

 

目の前の相手の心に寄り添い、同調することが得意です。無理しなくても自然と相手の気持ちに共感ができます。ボノボ同士が話し始めると特に話題がなくても何時間でも話し続けることが出来ます。

周囲からみると一貫性がとれていないことが少なくありません。論理立てて物事を進めたり自分の仕事を人に説明するのは苦手です

他者に対して「一緒にいて欲しい」「共感して欲しい」という欲求が強いので、いつもより元気のない挨拶をされただけでも「嫌われたかな…」と些細なことが心配になったりもします。相手への依存度も強くなる傾向にあります

 

これらの特徴から、得意な仕事はコミュニケーションで、苦手な仕事は論理的分析といえます。

 

相性

当然4つのタイプがあればそれぞれの相性があるのだろうと思い、調べるとありました。

類人猿診断(相性バージョン)

 

自分はオラウータンということで、オラウータンと各タイプの相性をまとめてみました。

 

オラウータン:オラウータン

競合しやすいので距離感がポイント

 

互いに「自分の納得」を大切にすることを理解しているオランウータン同士は、安易に距離を詰めようとはしません

共に仕事をする場合でも、「一緒にやる」というよりは、お互いの持ち分を尊重した「分業」を好む組み合わせといえます。

男女のオランウータンタイプが、こうした関係から恋愛に発展すると要注意で、オラン ウータンにとって大切な「余地」を失ってしまうと、お互いを支配し合うような破滅的な関係性に陥ってしまう危険性もあるらしい。

 

オラウータン:チンパンジー

相手の長所を見る努力を

 

「他人からの評価」を大切にするチンパンジーとオランウータンの価値観は大きく異なりますが、互いの立ち居地さえ明確になっていれば、両者は目的のために協力しあうことができます。

共に「追求・達成タイプ」なので、仕事のパートナーとしては「成果」や「利益」といったキーワードのもと、協働することができるでしょう。

互いの長所を活かした関係性を上手につくっていくことが、チンパンジータイプとうまくやるコツといえます。

 

オラウータン:ゴリラ

必要なのは感謝の気持ち

 

ゴリラタイプの保守的で融通が利かない部分や臆病で予定外のトラブルに弱いところに、オランウータンタイプはしばしばがっかりしてしまいがちです。

しかし、組織においては常に全体の調和を心がけるゴリラタイプがいるからこそ、オランウータンタイプの独りよがりな行動が生きています。

オランウータンタイプは自分の価値観で判断し、行動するために、相手の気持ちをないがしろにし、さらにそのこと自体に気づいていない、ということが少なくありません。

そういうオランウータンの「失点」を、ゴリラタイプが何気ない気配りによってフォローしていることに気付く必要があります。

 

オラウータン:ボノボ

空気を作ってくれる貴重な存在

 

コミュニケーションを何よりも大切にするボノボの存在は、オランウータンの考えに耳を傾けるような「場の空気」を作ります

ボノボタイプのコミュニケーション能力とオランウータンタイプの論理性や集中力がうまく組み合わさると、最強のタッグといってもいい関係性に育つこともあります。

ただ、オランウータンとボノボの組み合わせで問題となるのはボノボタイプの依存癖で、ボノボの「私のことに関心を持ってほしい」という依存感情が自分に向かってくることを、オランウータンは嫌います。

 

まとめ

基本的に性格診断を信じることは少ないのですが、類人猿診断は納得してしまいました。

血液型診断よりかは、よっぽど当たります。(あんなんマジで信用ならんからな。)

 

暇つぶしにでもやってみると面白いかもしれませんね。

(2年前ぐらいに流行ったみたいなのでもうやってる人でほとんどかもやけど)

 

Bravo

The following two tabs change content below.
仲西紘希(ナカニー)

仲西紘希(ナカニー)

仲西紘希です。 巷ではナカニーと呼ばれています。 横須賀でのんびりと過ごしています。 人生模索中です。
仲西紘希(ナカニー)

最新記事 by 仲西紘希(ナカニー) (全て見る)