ちょっとイラッとするマラソン中の応援

Pocket

こんちわ、ナカニーです。

昨日は板橋CITYマラソンに参加しました。

 

記録は4時間33分

まあー、頑張った方だと思っています。

 

ところで、マラソン大会に参加するとたくさんの人に応援していただけます。

ほんと応援のお陰で完走できるというのがあるのですが、逆にちょっとイラッとするものもあります。

 

今回、ちょっとイラッとしちゃうユニークな応援をまとめてみました。

 

ちょっとイラッとしちゃうユニークな応援

ロッキーになれ

ロッキーのテーマを流すというのは定番でレースの序盤はモチベーションが上がるからいいんですよ。

しかし、レースの後半にテーマが延々と流れるのを聞くのは辛いです。

しかも、「ロッキーになれ」と文書化されたものを見るとちょっとイラッとします。

ガチで「エイドリアーーーン!」って叫ぶ余裕ないからな。

 

42km人生に比べたら短い

ごもっともではあるのですが、走ってない人に言われるは辛いです。

しかも、たかが20、30年程にしか生きていない人に言われても説得力がありません。

もちろん、数々の死闘を繰り広げてきたおじいちゃんとかに言われると納得はしますが。

 

そして、「(^^)/」この顔文字ね(笑)

普通にじわじわとイラッとします。

 

Don’T Think! Mooove!!

直訳すると「考えるな!動け!」

これは30㎞付近で見かけたのですが、この辺りになると色々考えます。

  • まだ走らなければいけないのか
  • いつゴールできるのか
  • ていうか辛い
  • 早くゴールしたい
  • お腹空いた

このような考えとは関係なく、とりあえず走れというお言葉…

イラッとするどころか鬼です。

 

足が痛いのは気のせいだよ

物凄い精神論者です。

42.195kmを走ると多くの筋繊維が断裂し、乳酸もめちゃくちゃ溜まります。

 

そして、全身に痛みを引き起こすプロスタグランジンがドバドバ出ています。

ケチャップ本田のドバドバなんかは比にならないレベルです。(本田圭佑のリーグ戦の最多得点はオランダ2部の16点)

 

このことから痛いのが気のせいなわけがありません。

ただ、これぐらいのメンタリティが必要という現実があるので何とも言えないのが辛いです。

 

それでもランナーですか軟弱者!

まさに死人に鞭打ち!

コスプレまでして最強の笑顔を振りまいていました。

そんなこと言うなら、てめーが走ってみろと思ったのは言うまでもないでしょう。

 

まとめ

マラソン大会に参加すると、様々な応援を目にすることができます。

今回の板橋CITYマラソンではありませんが、こういうのは絶望的になったりもします(笑)

ネタであっても知りたくなかったw #袋井クラウンメロンマラソン

Hiroki Nakanishiさん(@nakany1021)がシェアした投稿 –

マラソンに参加したときはただ闇雲に走るのではなく、ネタを探してみてはいかがでしょうか?

 

Bravo

The following two tabs change content below.
ナカニー

ナカニー

巷ではナカニーと呼ばれています。 横須賀でのんびりと過ごしています。 人生模索中です。