筋トレの代名詞的存在のTestosteroneさんが素敵すぎる件

Pocket

 

以前もTestosteroneさんのことを記事にしましたが、本当に素敵過ぎます。

何だか筋トレしたくなってきた

2017.05.19

 

今回、Testosteroneさんの著書は『食事』に重点を置いています。

この本の内容としては、マクロ管理法という食事方法を紹介しているのですが、Testosteroneさんはこの本で一番重要である第2章をブログで公開しています。

【最強の食べ方】マクロ管理法完全解説 前編

【最強の食べ方】マクロ管理法完全解説 後編

正直なところ、このブログさえ読んできちんと理解すれば、この本を買わなくてもいいレベルです。(Testosteroneさんもブログの中でそう言ってます。)

 

このようにめちゃくちゃ重要なことを無料で提供してくれるし、日々のツイートで筋トレ意欲を湧かせてくれるし、マジでTwitterでフォローすべきです。

あと、Testosteroneさんがこのような活動をしている理由に個人的にはすごく興味があります。

さて。筋トレをライフワークとする俺だが、人生をかけて取り組んでいることがもう1つある。それが「日本に正しい筋トレと栄養学の知識を普及させる」こと。完全無料のダイエット・筋トレ情報サイト「DIET GENIUS」を立ち上げたのもそのためだし、6月30日にKADOKAWAさんから発売した『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』もその一環だ。

(中略)

OOするだけ!とか一日O分運動するだけ!とかキャッチーなことを言えば本は売れるだろう。実際、そういう本は出回っているし売れている。だが俺はそんなマネをする気は一切ない。インチキまがいのダイエットが日本にはびこり、消費者のお金や時間、かけがえのない健康を蝕んでいる状況が許せない。そのあまりにもヒドい状況をひっくり返すために俺はこの本を書いたのだ。

引用:【最強の食べ方】マクロ管理法完全解説 前編

 

普段の生活においても誤ったダイエットの知識を持っている人が多く見かけることがあり、私自身も本当に正しい知識を普及させないといけないといけないと思っています。

最近のダイエット関連の話題でいうと、糖質制限といって100%糖質カットしようとしたり、何故か糖質制限からグルテンフリーに派生し始めたりするというのがいますからね。

 

簡単に糖質制限のことを説明すると、糖質は筋肉が必要とするタイミング(特に運動前と運動後)で摂る必要があるので、全部制限すると筋肉のタンパク質がエネルギーとして使われてしまい健康が損なわれます。

グルテンフリーについては以前の記事で挙げた通り、不耐性やアレルギーでない限り意味はありません。

グルテンフリー信仰が意味不明

2017.07.20

 

ほんとたまにトンデモ系と出くわしたときの会話の絶望具合が半端ないので、私も正しい知識を普及させるようにしていきたいと思います。

 

まとめ

健康やダイエットに関して重要なことは、正しい知識を持って適切に実行することだと思います。

まずは、Testosteroneさんのブログを読んでマクロ管理法を理解し、実行してみてはいかがでしょうか。

 

あと、Twitterもフォローして筋トレの意欲湧かせて、筋トレするのも忘れずに!

意欲を湧かせてくれる本もありますよ。

 

Bravo

The following two tabs change content below.
ナカニー

ナカニー

巷ではナカニーと呼ばれています。 横須賀でのんびりと過ごしています。 人生模索中です。