友達がVALUにハマりだしてからめっちゃ連絡が来る

Pocket

友達がVALUにハマりだしたようです。

(てか、何で俺がVALUに登録してるって知ってるんだ?)

そして、VALUを公開するとのことなので買うことにしました。

 

そもそもVALUとは何かという話ですが、簡単に言うと個人の株式を公開できるサービスのようです。

株式というのは上場している会社が公開していますが、それが個人単位でできるということです。

つまり、個人が「私の株(VA)売ります」ということができるということです。

※VA:VALUで使われる単位で、株式でいうところの株にあたるもの

 

逆にVAは買うこともでき、よく株をやっている人が「○○会社の株を買った」みたいな話をしているかと思いますが、VALUでは「○○さんのVAを買った」みたいな感じになります。

投資のような話になりますが、例えば、今後人気が伸びてきて価値が上がりそうな人がいれば、その人のVAを買えば儲かるかもしれないということになります。

また、優待狙いなんかもできるかと思います。(むしろ優待がメインかも)

 

このように画期的なサービスがめちゃ流行っていますが、もろに個人の評価がお金などの価値に反映される時代になってるんだなと思いました。

この友達の言う通り、普通に会社勤めしてるだけだとガチで人生詰んでしまうというのも納得です。

 

VALUを知ったときは、ビットコイン始めるついでにVAの購入だけしようと思っていましたが、公開してみようと思います。

優待は我がシェアハウスの『とことんHouse』のホームパーティへの招待にしようかと企みましたが、よくよく考えると住人第一号というだけでそんな権限はなさそうなので、ちゃんとしたの考えておきます。

秒速で思い浮かんだのがクリボーマンのモデルですが、これって需要あるのかな(笑)

クリボーマンとしてLAMPに来店しました

2017.06.20

 

まとめ

VALUの登場というのは、評価経済社会になってきているということなのかと思います。

評価経済社会とは、「評価」を仲介として、モノ、サービス、お金が交換される社会のことなのですが、この本読めばわかりやすいかと思います。

 

本当に貨幣社会終わっちゃうかもね。

知らんけど。

 

Bravo

The following two tabs change content below.
ナカニー

ナカニー

巷ではナカニーと呼ばれています。 横須賀でのんびりと過ごしています。 人生模索中です。