【三浦BASE】釣った魚で干物づくりしてきました

Pocket

こんにちは、ナカニーです。

 

ふと干物を食べたくなるときってありません?

となれば、魚を釣るところからやらないと駄目ですねー。

 

なので、釣った魚で干物づくりしてきました。

 

今回のターゲット

ウミタナゴ

基本情報:主に東北・北海道で食べられているもの。ウミタナゴ科では比較的漁獲量が多いので関東にも入荷してくる。東北地方では唐揚げに、塩焼きに、煮つけ(佃煮)などにする。安くてほどほどに味がいいので根強い人気がある模様。

味わい:旬は秋から冬。鱗は細かく取りやすい。皮は比較的厚みがあり強い。骨は柔らかい。透明感のある白身で繊維質ではなく煮るなどするとボロボロしやすい。熱を通しても硬く締まらない。

引用:ウミタナゴ | 魚類 | 市場魚貝類図鑑

 

釣る

ポイントの岩場から撒き餌を撒いて釣っていきます。

悪条件ながらまぁまぁ釣れます。こんなの釣れたり。

 

本命のウミタナゴもしっかり釣れました。

 

ギンポという幻の魚も釣れちゃいました。

 

汚い画で申し訳ないですが、やっぱ釣れたての魚は踊り食いでしょう!

 

最終的には、これだけ釣れました。

 

そして、これを干物にしていくのですが、その前に事前に作った干物でお昼ごはんです。

 

メシウマですねー!

 

お腹を満たしたところで干物づくりです。

 

干物づくり

普段、魚を捌くことがないので真面目にレクチャーを受けます。

 

こんな感じで三枚おろしにして、調味液に漬けます。

 

調味液に漬けた魚は最後家に帰ってからこのように干しました。

 

まとめ

干物なんて言ってしまえばスーパーで買って食えるものですが、このように非日常を体験するというのもいいものですね。

自分で作ると思い入れが強くなるためかより美味しく感じるような気がしますし。

今度は船釣りでもして、釣りたてを捌いて食いたいな!

 

Bravo

The following two tabs change content below.
ナカニー

ナカニー

巷ではナカニーと呼ばれています。 横須賀でのんびりと過ごしています。 人生模索中です。