筋トレって免罪符になるよね

Pocket

最近は毎週ジムで筋トレしているナカニーです。

 

言うまでもないですが、筋トレって超健康的じゃないですか。肉体的にも精神的にも。

肉体的な意味で言えば、たるんだ体も引き締まるし、厚い胸板は手に入れれるし、プリ尻になるし。

精神的な意味でも良いということも筋トレで全て解決する社長Testosteroneさんが言ってますよね。

一見ネタのようにも思えるかもしれませんが、所詮、人間の感情なんて脳内物質の量で決まるんですよね。

極端な話、単純労働のような面白くないことも気分ブチ上げオールスターズを投入したら幸せを感じることができます。

 

このように筋トレというのはとても素晴らしいものであるのですが、最近、免罪符になっちゃうということに気づいてしまったんですよね。

免罪符とは罪を免れるための行為のことをいいますが、筋トレで人間の罪を免れることができます。

 

例えばですが、無性に甘いもの食べたくなるときってありません?

そういうときに健康のこととかダイエットのことを考えると我慢しなければいけませんし、それはストレスにもなってしまいます。

我慢できずに衝動のままに食べてしまったときには罪悪感も凄いですよね。脂肪も付くし。

 

無性に体に良くないだろう衝動に駆られるときって他にもいっぱいあると思うんですよ。

典型的な例で言えば、酒や煙草もそうですし、豚骨ラーメンとかも中毒性凄いですもんね。

これらの衝動を我慢できればそれでいいのですが、ほとんどの人間にとっては無理な話なんです。無理でないのであればみんな健康ですし。

 

このように衝動というものは基本的に止めることができないのですが、そこで筋トレなんですよ。

我慢できなかったことは仕方ないのですよ。だから後で辻褄合わせればいいんです。

カロリーを取り過ぎてしまえば筋トレで燃やしてしまえばいいですし、罪悪感で落ち込んでいるのであれば気分ブチ上げオールスターズを筋トレで分泌させしまえば何の問題もありません。

つまりは筋トレを免罪符にしてしまえということです。

 

Testosteroneさんも筋トレを免罪符にしている節があるんですよね。

 

ということで、何か衝動に駆られたときはやってしまうのがいいですよ。後で筋トレすればいいだけですから。

筋トレのモチベーション高めるならこちらをどうぞ!

 

こうやって語ってるけど、さっきカップ焼きそば食ってご飯大盛りしてしまった俺の言いわけなんやけどな!

 

Bravo

 

写真:フリー写真素材ぱくたそ

The following two tabs change content below.
ナカニー

ナカニー

巷ではナカニーと呼ばれています。 横須賀でのんびりと過ごしています。 人生模索中です。