世界一美味しい飯の食べ方

Pocket

こんにちは、ナカニーです。

皆さんにとって、世界で一番美味しい食べ物は何ですか?

高級ステーキですか?高級寿司ですか?

 

僕は違います。もちろん食材だけのレベルで考えると、高級ステーキや高級寿司がめちゃくちゃ美味しいものであることは間違いないです。

ただ、このような食材を毎日食べれるかというと話は別で、金銭的にも厳しいでしょうが飽きてしまいます。

 

一般的に人は、炭水化物とタンパク質の旨さを感じることができるものを好む傾向にあります。

そう考えると炭水化物とタンパク質が絶妙なバランスで含まれる卵かけご飯が最強の食材になります。

さらに、基本的に卵かけご飯には醤油をかけますが、醤油も大豆から作るので、旨味成分が含まれた適度な塩気が絶妙な味にしてくれます。ここでダシを使うというのもありで、その場合は魚介系や昆布系の旨味も味わうことができます。

 

そして、世界一美味しい飯の食べ方をするために、ご飯に卵をかけるということ以外に重要なことがあります。

それは卵かけご飯を食べるタイミングで、そのタイミングは空腹のときです。

 

やってみればわかることなのですが、1日何も食べずに過ごして最後に卵かけご飯食べるのって最高なんですよ。

それだったら同じ条件でステーキでも寿司を食べるのも一緒ではないかと言われるかもしれませんが、空腹時に食べるのものに大した違いなんてものはありません。

大した違いがないのであれば、バランスの良い栄養、旨みが含まれ、原価も100円もいかない卵かけご飯がパーフェクトフードと言えます。

 

これだけ言っても卵かけご飯を否定する人がいますが、卵かけご飯を美味しいと言えなくなるぐらいまで舌を肥やしてしまった人って大変ですね。

ある限られた食べ物でしか美味しいという幸せを感じることができないので、ある種の欠陥と言っても過言ではありません。

 

それに、ぶっちゃけ舌が肥えているからといって人よりも味覚が優れているわけでもなく、目を瞑って食べれば何食べているかなんてわかりませんし、何を食べているか当てることもできません。

これも試してみればわかることですが、例えば、日本酒にうるさいやつと居酒屋に飲みに行って席を外しているときに別の酒に取り換えてても気づくことはまずないです。

結局は「俺は酒を知ってて凄いんだぞ!」というただの自己顕示欲です。

 

他にも、たぶんステーキも同じで、高級な雰囲気のあるお店で成型肉を出されても気付かないでしょう。

成形肉に気付かないならまだしも、「柔らかくていいお肉ですね」とかいう人とかもいそうで笑えます。

 

色々と毒を吐きましたが、空腹のときの卵かけご飯が世界一ということが理解できたかと思います。

とは言っても、毎日卵かけご飯を食べると飽きてしまって美味しく感じれなくなるので、これでも読んで卵かけご飯をアレンジしてみてください。

 

Bravo

 

写真:ぱくたそ

The following two tabs change content below.
仲西紘希(ナカニー)

仲西紘希(ナカニー)

仲西紘希です。 巷ではナカニーと呼ばれています。 横須賀でのんびりと過ごしています。 人生模索中です。
仲西紘希(ナカニー)

最新記事 by 仲西紘希(ナカニー) (全て見る)