ベルギー戦に感動してるだけが頭悪い理由

Pocket

確かに感動的であったと思います。

前評判を覆し、グループ予選を突破し、あのスター軍団ベルギーに2点リードしたというのは多くの人の心を動かしたことでしょう。

しかし、これに感動しているだけっていうのも進歩ないですよね。

タイトルの通り頭悪いとまで言ってしまってますが、そこまで言う理由を説明します。

 

感動しているだけが頭悪い理由

手を抜かれていた

そもそもベルギーに手を抜かれていたので善戦していたというのはあります。

相手メンバーはレギュラー格を出していましたが、ちょっとした寄せも甘く、ポジショニングも雑でした。

なので、原口選手に裏を取られて点を獲られましたし、バイタルエリアの寄せが甘すぎたため乾選手の芸術的なシュートがネットに突き刺さりました。

 

一方で、ベルギーは日本戦の次の試合のブラジル相手にはバイタルエリアでの寄せも速く、裏を簡単に取られるようなポジショニングもありませんでした。

その証拠に乾選手が点を決めたエリアからのシュートが得意なコウチーニョ選手には点を決めさせなかったですし、簡単に裏を取られて失点するということはありませんでした。

 

さらに、この試合ではベルギーの勝利への執念が半端なかったです。

試合の終盤でブラジルに追いつかれそうな時間帯で時間を稼ぐために積極的にファールを貰おうと必死でしたし、ファールを貰えたときはガッツポーズをしていました。

日本相手にはここまで泥臭くやってる様子は残念ながらありませんでした。

 

実際に弱者相手にモチベーション保つのは難しいというのもあって意図的に手を抜いていたとは言いませんが、本気ではなかったいうのは明白です。

本気じゃない相手に善戦したからといって感動してるってちょっと恥ずかしいですよね。

しかも、2点差ひっくり返されて負けてますからね。

普通に何してんねんって話です。

 

まともに勝った試合がない

今大会の戦績は1勝2敗1分ですが、11対11でやった試合に関しては1勝もしていません。

つまり、初戦のコロンビア戦でたまたまシュートが手に当たって相手選手が退場したから勝てただけで、これがなければ1勝もできず予選敗退していたということです。

 

もちろんたまたまでも勝ったことに関して喜んでもいいとは思います。

しかし、いつまでも感動ありがとうモードはどうかと思いますし、選手自体も引退表明する人もいて満足しました、悔いはありませんっていうのも違和感があります。

まともに勝った試合もなく、最後は手抜きしてた相手に負けたのだから、感動するのではなく批判をすべきですよね。

 

まとめ

今回はサッカーにおける周りの空気感について思ったことを書きましたが、他にも頑張っている姿を見せていれば結果はどうでもいいみたいな風潮って日本に多いですよね。

しかも、それでいて結果が出なかったときに反省もしないから本当に質が悪いです。

 

サッカーに限らずですが日本が格上げするためにも、敗因の分析、次への施策などをちゃんとやって欲しいと思います。

 

Bravo

The following two tabs change content below.
ナカニー

ナカニー

巷ではナカニーと呼ばれています。 横須賀でのんびりと過ごしています。 人生模索中です。