フィリピン留学について検証

Pocket

こんちわ、ナカニーです。

 

最近、フィリピン留学が安いってことで凄い流行っているじゃないですかー。

やっぱ旅してると英語話せたらええなって思うこともあるんですよね。

 

ちなみに僕は海外旅行の回数が多いから喋れると勘違いされがちですが、ゴミレベルです。

 

先日の一番星ヴィレッジのキャンプで一緒だった友達もフィリピン留学から帰ってきたばかりということなので様子を覗っていました。

キャンプするわけですから、色々とこれやって的なこと言ったりするじゃないですかー

 

なかにー
ちょっとそこにある炭取ってくれへん?
親指(仮名)
Yap!

 

早速、海外かぶれしている。。。

ヤップってwww

 

最近の若者がパーティーのことをパーリーって言うぐらいのレベル。

これがフィリピン留学の効果なのか!

 

こんな冗談はさておいて、今流行のフィリピン留学がどんなもんなのか友達から聞いた範囲で検証してみました。

 

2ヶ月1日8時間

短期間でみっちり叩き込まれるタイプのプログラムの留学だったようです。

 

こんだけやるとさぞかしできるようになると思いましたが、そうでもないみたいです。

ちょっと英語への抵抗がなくなるぐらいだとか。

 

短期間とはいえひたすら英語漬けのため最後の1か月間はダレてしまったらしいです。

早く授業終わんねーかな的な。

学生か!!!

まるで成長していない………

 

大事なことは予習と復習

授業の説明が全部英語ということで苦戦したようです。

特に文法の説明とが難しかったようで、確かに仮定法とか日本語で説明されてもイミフ。

名詞(Noun)や動詞(Verb)などの単語は行く前に学んでおくべきだそうです。

 

予習せずに留学に行くだけでできてしまう気になってしまうので気を付けないといけないですね。

スラダンで言うところの谷沢のようにはならないように、事前の準備をしっかりして跳び立てということやな。

 

復習に関しても授業で習ったことを定着させるために大事だけど、8時間も勉強した後にするのは正直きついと言っていました。

確かにこれがちゃんとできれば、日本でも仕事しながら学ぶことができますね。

断固たる決意が必要が必要のようです。

 

もしくは授業の時間が短いプログラムがいいかもですね。

ゆとりな僕が留学するならこちらを選びたいです。

そして友達いっぱい作ってウェイウェイしたいですね。←非リア充の野望

 

帰国後の意識

留学をしたことで意識が高まっているようです。

親指(仮名)
キャンプ帰ったら英語勉強しないとね。忘れちゃうからね。
なかにー
まじめかっ!!!

 

彼がほんとに勉強しているかは定かではありませんが、継続は大事なようです。

これは、英語に限らず言えることでしょう。

 

まとめ

フィリピン留学を経験した彼は、2か月後からオーストラリアにワーホリに行くようです。

年末年始にオーストラリアに行くので案内してもらえるという下心を持ちながら、彼の成長に期待したいと思います。

 

写真:フリー写真素材ぱくたそ

The following two tabs change content below.
ナカニー

ナカニー

巷ではナカニーと呼ばれています。 横須賀でのんびりと過ごしています。 人生模索中です。