まだ病院で充電してるの?

Pocket

こんにちは、ナカニーです。

 

突然ですが、皆さんは病気になると病院に行くかと思います。

その結果、病院には人が溢れています。(特に高齢者がかなり多い)

そして長い待ち時間を経て、ようやく治療が行われます。

 

そこでふと思ったのですが、病気になる前に何らかの対応はできなかったのかと。

生活習慣病とかは最たるもので、名前の通り生活習慣を正すだけで予防できるじゃないですかー。

 

「社畜は生活習慣を正す間も無く、働き続けなければいけないんだよ!!!」

という声も聞こえてきそうですが、

「勝手に病気になって、この先の人生を治療のためだけに無駄なお金と時間を消耗してください。」

という訳にもいかないので、良い方法を紹介したいと思います。

 

遺伝子検査

mycode引用:遺伝子検査ならMYCODE

 

良い方法といっても、ぶっちゃけ遺伝子検査を受けるだけです。

検査の方法は自分の唾液を提供するだけと超簡単です。

 

一応、遺伝子検査の説明は以下になります。

遺伝子検査は、遺伝子の持つ情報を解析することで、生まれ持った病気のなりやすさや体質などを知ることができる検査です。「DNA検査」と呼ぶこともあります。

引用:遺伝子検査とは?

 

ここで大事なのは、『生まれ持った病気のなりやすさや体質を知ることができる』ということです。

 

漠然と生活習慣を正しましょうと言われても、というところが正直なところでしょう。

・高血圧にならないために減塩する。

・糖尿病にならないために甘い物は食べない。

・コレステロールを抑えるために動物性脂肪は控える。

・痛風にならないためにプリン体に注意する。



これら全てに注意を払うのは時間を持て余したニートであっても無理かと思います。

 

ここで筆者が提唱するのが、遺伝子検査で『生まれ持った病気のなりやすさや』を知り、自分が持つリクスに基づき生活習慣を正すということです。

この方法だと本当に注意しなければいけないことがピンポイントで把握できるので、忙しいふりしている社畜でも実践できるかと思います。

具体的に筆者の検査結果を例にして説明してみます。

 

筆者の例

byokinorisk

これは筆者の発症リスクの高い病気を並べたものになります

見ての通り『脂質異常症』のリスクがかなり高いです。

 

さらに下の画像の自分の体質について見てみると、『中性脂肪値』と『悪玉コレステロール』が高い傾向であることから、『脂質異常症』のリスクが高いということが裏付けられます。

taishitsu

もっと言えば、筆者の父親が脂質異常症であることから、このリスクを放置してば病気が発症することは間違いないでしょう。

 

ちなみに遺伝子検査の性能を疑っている人もいるかと思いますが、筆者の思い当たる範囲でいうと脂質異常症の以外でも当たっているものがかなりあります。

例えば、上の画像の『アレルギーに関する指標』が高いですが、筆者は子供のころ酷いアトピー性皮膚炎皮膚炎でした。(今となれば誰も信じてくれないですが)

今でも年に一回ぐらいは蕁麻疹が発症するので割とアレルギー体質なのかと思います。

 

そういえば、男性の人は将来の自分は禿げないかと気にするかと思いますが、その傾向も下の画像の『男性型脱毛症のなりやすさ』を見ればわかります。

kamihada

この結果を見れば筆者の禿げる可能性はイーブンかもしれませんが、下の画像の『ジヒドロテストステロン値』が低いこと、父親も禿げていないことからやっぱり禿げる可能性は低いかと思います。(ジヒドロテストステロンは簡単に言うと禿げに関わるホルモン)

seihorumon

ここで『髪の形状』に関して、お前は超直毛じゃないかというツッコミがあるかもしれませんが、劣性遺伝子の方が発現したのでしょう。(劣性遺伝子は実際の形質として現れにくい遺伝子のこと。まあ、母親はくせ毛やし)

 

少し話が脱線しましたが、筆者の場合においては『脂質異常症』のリスクだけが高かったことから、極論を言えばそれだけを注意すれば病院で充電する必要はなさそうです。

繰り返すけど極論を言えばですので、体質を凌駕するぐらい不摂生すれば、誰でもヤバいことになります。

 

次に皆さんが最も気にするであろう料金の話をします。

 

料金

遺伝子検査って何だか高そうなイメージがありますが、MYCODEだと3万円ほどでできます。

結構高いと思う人がいるかもしれませんが、筆者が脂質異常症を防いだ場合、人生のトータルでどれぐらい得をするか計算してみました。

 

脂質異常症になった場合、1ヶ月の5000円ほど掛かるそうです。

参考:生活習慣予防ネット

 

50歳で発症し、80歳で寿命を迎えた場合、

5000円 × 12ヶ月 × 30年 = 180万円

 

さらに脂質異常症によって心筋梗塞や脳梗塞となり寝たきりとなれば、お金も180万円では済まないし、何より自由に体を動かすことができるという幸せが損なわれることを考えると、3万円の検査というのは格安であるかと思います。

ちなみに東京都・神奈川県の方はMYCODEの遺伝子検査を9月30日までなら40% OFFで受けることができます。

受けるなら今ってことやな!

 

まとめ

現在は健康でも潜在的に病気を抱えている状態のことを『未病』というそうです。

10~20年後は未病への対応が医療のスタンダードになるかと思います。

しかし、その頃には今の20・30代の人たちはもう病気になってしまっているかもしれないので、早い目に対応しましょう。

 

The following two tabs change content below.
仲西紘希(ナカニー)

仲西紘希(ナカニー)

仲西紘希です。 巷ではナカニーと呼ばれています。 横須賀でのんびりと過ごしています。 人生模索中です。
仲西紘希(ナカニー)

最新記事 by 仲西紘希(ナカニー) (全て見る)