洗脳くん(満員電車編)

Pocket

満員電車に乗ってるときに思うことをまとめました。

 

この様子を見て、社畜って人間のクズだなーと思いました。

自分が良ければ、他人のことはどうでもいいという典型…

 

といいますか、社畜一人ぐらい10分遅れようが、生産性変わりません。

どうせサビ残してるので、潔く遅刻してほしいですね。

 

このように社畜は何かにとらわれているのかなーと思っていたら理由がわかりました。

自分の意志を失い、会社、広く言えば日本社会に洗脳されてしまったのでしょう。

このような人達には本田圭佑のように『リトル本田』に自分の意志を聞きましょう。

 

少しふざけた感じで書きましたが、心の中の自分に聞くことは非常に重要かと思います。

『リトル本田』の元ネタと言われているオランダのサッカー選手『ファン・ペルシー』のインタビューです。

僕はその歴史の一部になりたい。既に成功を収めているクラブへ来たわけだけど、ユナイテッドが再び頂点に立つために力になれればと思っている。実は、自分の中ではかなり早い段階で移籍を決めていたんだ。あらゆる面から移籍先を検討したけど、僕の答えはユナイテッドですんなり落ち着いた。人生で難しい決断を迫られた時、僕は自分の心の中にいるリトル・ボーイの声に耳を傾けることにしている。彼に「どうしたい」って聞いたら、「ユナイテッド!」って叫んだんだよ。これまで積んできた僕の様々な経験をこのチームで生かしたい。まさにサッカー人生最大のチャレンジだと言える。ユナイテッドの歴史には重みを感じるけど、プレッシャーにはならないよ。

引用:【インタビュー】ファン・ペルシー「ユナイテッドは僕がプレーする場として理想的だと思えた」

彼は、ユナイテッドに移籍したシーズンに見事、リーグ優勝を果たしました。

「優勝したい!」という自分の意志を尊重した結果であると言えます。

 

まとめ

話がずれましたが、自分の意志をちゃんと持っていれば、もう入れない満員電車に乗るという迷惑行為は行われないはずです。

誰かにやらされているというスタンスだからこのような過ちを犯すのでしょう。

 

やらされてるぐらいなら辞めてしまえ!

 

Bravo

The following two tabs change content below.
仲西紘希(ナカニー)

仲西紘希(ナカニー)

仲西紘希です。 巷ではナカニーと呼ばれています。 横須賀でのんびりと過ごしています。 人生模索中です。