金谷鋸山フォトロゲイニングに参加しました

Pocket

タイトルの通りですが、フォトロゲイニングの大会に参加しました。

開催地は、ここ数年よく行くようになった金谷です。

 

とても楽しかったので、興味のある人は見ていただければと思います。

 

フォトロゲイニング

フォトロゲイニングとは、地図をもとに、時間内にチェックポイントを回り、得点を集めるスポーツです。チームごとに作戦を立て、チェックポイントでは見本と同じ写真を撮影します。チェックポイントに設定された数字がそのまま得点となり、より合計点の高いチームが上位です。

参照:日本フォトロゲイニング協会

 

ランニングやウォーキングを楽しみつつ、観光もできるスポーツです。

今回の大会では、ガチの人やそうでない人も幅広く参加していました。

 

金谷

開催地の金谷はこのように半端なく辺鄙なところにあります。

 

東京から2〜3時間ほど掛かりますが、自然豊かで食べ物も美味しく(特に黄金アジ)、のんびり過ごすにはとても良いところです。

また、鋸山も観光地として有名で、多くの人が金谷を訪れます。

 

大会の様子

有名なスポットを中心にまとめてみました。

 

金谷港には、金谷と久里浜を繋ぐフェリーがあり、フェリーの撮影がポイントとなっていました。

feri

フェリーが港に停まっている時間帯を狙う必要があるので、得られるポイントも高かったです。

その辺りのことも含め、戦略を練りながらポイントを稼いでいくということもフォトロゲの楽しみでもあります。

 

こちらは、ただ買い食いしているだけのように見えますが、指定の店で食事をすることでポイントが得られます。

kaigui

ポイントスポットを見つけられなかった人は、食事でポイントを稼いでました。

まんまと主催者側の経済効果を狙った罠に掛かっているわけですね(笑)

素晴らしい!

 

フォトロゲは体力勝負の一面があり、当然のことですが山道を走るとこのようになります。

choutin

今回の大会では、鋸山に多くのポイントスポットがあったため仕方ないですね(笑)

 

険しい山道を登ると、鋸山の名物である地獄のぞきを見ることができます。

nozokimi

ここを含め、鋸山には多くの見所があり、この日も多くの観光客で賑わっていました。

他にも見所として、切通し、ラピュタの壁、百尺観音、大仏(薬師瑠璃光如来)などがあるので、是非見に行ってみてください。

 

鋸山を歩いていると、見晴らしの良い景色にも出会うことができました。

tikyugamieru

 

このような感じで鋸山で激しく消耗し、クタクタになりながら制限時間内に戻ってくることができました。

5時間も行動するため、最後は歩いてしかなかったです。

 

僕たちのチームは合計ポイントの8割近く獲得できていたので、まぁー頑張った方だと思います。

次参加するときは、もっと貪欲にポイントを狙っていきたいですね。

 

他の参加者も楽しんでいたようで、Instagramで#金谷鋸山フォトロゲイニングと検索すると楽しんでいる様子がうかがえます。

 

まとめ

次回の金谷鋸山フォトロゲイニングは5/14(日)に開催されるようです。

ポイントスポットも主催者が練りに練ってきて、難しくしてくれることでしょう。

完全にフォトロゲにハマってしまったわ(笑)

 

日本フォトロゲイニング協会のページ見てると、三浦でもやるようです。

普通に参加したいので、誰か一緒に参加しましょー\(^o^)/

そして、フォトロゲイニングで疲れた体はichiに泊まって癒しましょう。

 

楽しいことがしたい!

 

Bravo

The following two tabs change content below.
仲西紘希(ナカニー)

仲西紘希(ナカニー)

仲西紘希です。 巷ではナカニーと呼ばれています。 横須賀でのんびりと過ごしています。 人生模索中です。