インナーマッスルとか鍛える意味あるん?

Pocket

ちょっと前の話ですが、ダルビッシュのTwitterを見て、頭をど突かれたような衝撃が走りました。

 

昔、ジムでトレーナーやってる人が大きい筋肉から鍛えろと言っていたのを思い出しました。

大きい筋肉とは大まかに言うと、胸筋、腹筋、背筋、ケツ筋、もも筋のことです。

 

大きい筋肉を鍛える理由は、単純に筋肉量とパワーの出力は比例関係であるためで、競技のパフォーマンスに大きな影響を及ぼします。

減量を目的に考えても、大きい筋肉の方がエネルギーの消費量が多いので、効率が良いはずです。

 

ダルビッシュの言う通り、インナーマッスルってどこの筋肉を言っているのだろうか。

噂では心の中にあるとか。

 

真面目なことを言うと、名前も一般的に知らない筋肉なので、少なくとも大きな筋肉ではなさそうです。

ということは、かなり効率の悪いトレーニングである可能性が高そうです。

 

ダルビッシュはBIG3というトレーニングを推奨しているようです。

 

BIG3とは、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトのことです。(詳細は自分で調べてね。)

これらが推奨される理由としては、大きな筋肉が鍛えられること、コンバウンド種目であることが挙げられます。

コンバウンド種目とは、複数の筋肉を同時に鍛えることができる種目のことです。

 

ん?

複数の筋肉を鍛えられるということは、インナーマッスルも鍛えられているんじゃね?

 

ということで、素人がちょっと痩せるぐらいならBIG3に腹筋を加えるぐらいでよさそうです。

(競技によってはもしかしたらインナーマッスルだけ特別に鍛える必要はあるかもしれませんが)

 

バーベルがなければ、腕立て、腹筋、背筋、スクワットをやっておけば問題ありません。

自宅で気軽にできるし、悪くないと思います。

 

まとめ

何だかインナーマッスル鍛えてる人って痩せたいとかいうより、

「インナーマッスルを鍛えている俺かっけー」

「インナーマッスルを鍛えている私って素敵」

とかリアルに思っていそうですね。

 

だからてめーらは大して痩せれないんだよ!!!

 

Bravo

The following two tabs change content below.
仲西紘希(ナカニー)

仲西紘希(ナカニー)

仲西紘希です。 巷ではナカニーと呼ばれています。 横須賀でのんびりと過ごしています。 人生模索中です。
仲西紘希(ナカニー)

最新記事 by 仲西紘希(ナカニー) (全て見る)